福島県 ひいらぎの会 がんの恐怖に負けない為に患者さん同士が励まし合おう

ブログひいらぎの会の情報

【ひいらぎ通信】No.206(2012年4月号)

 

↑画像をクリックしてダウンロード

※会員個人情報の都合上、紙面の一部のみ公開させていただいています。

1月28日開催の「ひいらぎサロン」

1月28日(土)1時半より、福島市AOZにて開催しました。
今回の講師は、「自然食品のおはなし」は、市内で「あんぜんなたべものや」を
経営する 矢部博和さん(ひいらぎの会会員)、「歌ってリフレッシュ」はコーラス指導などを
長年勤めている音楽講師 佐藤道子さん(ひいらぎの会会員)にお願いしました。
29名の参加で、安全な食の勉強と、お腹の底から
大きな声を出して歌を楽しみ、笑顔で癒しの時を過ごしました。

食品添加物について話す矢部さん

食品添加物について話す矢部さん

 

ゆったりとした指揮で会員さんの歌声を導く佐藤さん
ゆったりとした指揮で会員さんの歌声を導く佐藤さん

 

全員で、楽しく8曲ほどを歌いました
全員で、楽しく8曲ほどを歌いました

 

ごあいさつ

「病気を悔しがらず、怖がらず、愉しみながら克服の道をひらきましょう」

このスローガンの元に、ひいらぎの会は活動しております。
会員用に2ヶ月に1度、発行される「ひいらぎ通信」では、
医療情報や会員のみなさんの声などを発信していきます。

 

「ひいらぎサロン」への参加体験は、会員以外の皆さんにも
おすすめしております。患者本人、家族、遺族、様々な立場の
方が、「がん」という病と向き合いながらも、その人らしく
生きていくための確認の場となれれば、と考えております。

一緒に歩んでいきましょう。勇気と笑顔をもって。

代表世話人 鈴木 牧子


福島医大「がんプロ養成講座」にて 宮崎ますみさん・石田先生・鈴木牧子

ひいらぎ通信

ひいらぎ通信の様子をお届けします。

ひいらぎサロン

ひいらぎサロンの様子をお届けします。

テスト投稿

こちらはテスト投稿です。